女性ホルモンのエストロゲンが増える男性向けのプエラリアサプリ

女らしくなりたい方必見!プエラリアサプリで女性らしさを磨きませんか?

*

男性の体内で作られる女性ホルモンのエストロゲン分泌量を女性と比較してみた。

女性ホルモンのエストロゲンが女性化・中性化には重要なんだなって事は重々分かりました。

じゃあ実際に、男性の体内ではどれぐらいエストロゲンが作られているのか?

そして女性が生成する量と比較すると、どれくらいの差があるのか?

ということに着目して調べた結果を書いていこうと思います。どれだけエストロゲンの量に違いがあるのかは重要ですよね。

それでプエラリアサプリメントの飲む量だって変わるし、そもそも何で効果があるのかっていう事にも繋がりますからね!

ちなみにエストロゲンは、卵巣と副腎から分泌されていますが、男性は卵巣がありません。(睾丸からも微量が分泌)

つまりそれだけ、女性のほうが多く分泌されているわけです。(副腎からのエストロゲン分泌量は少量です)

余談ですが、医学的にはエストロゲンに含まれている成分のことを、エストラジオールと呼びます。(医学データを探す際にはこれで)

まずは女性のエストロゲンの分泌について

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-SEP_327215200714-thumb-1000xauto-16089

男性のエストロゲン分泌量の前に、まずは医学的なデータが沢山出ている女性についてまとめます。

女性は妊娠や出産、閉経といったように年代毎にエストロゲンの必要な時期が変わりますから、分泌量もバラバラです。

  • 思春期(8歳~18歳) エストロゲンが少しずつ分泌されますが、まだピークではありません。
  • 成熟期(18歳~30歳) 体が妊娠できる準備が出来ている段階で、エストロゲンの分泌量はここが一番多いです。
  • 成熟期後半(30歳~40歳) 徐々に卵巣機能が衰えていき、分泌量が減っていきます。
  • 更年期(40歳~50歳) エストロゲンの分泌量が一気に減っていきます。(その影響で更年期障害が起こります)
  • 円熟期(50歳以降) 閉経を迎えると、エストロゲンの分泌は無くなります。

つまり女性の場合は20代が一番エストロゲンが多く分泌されて、30歳から徐々に減っていき50歳前後で分泌されなくなります。

妊娠するために体を女らしく保つのがエストロゲンの一つの役目になるので、年齢毎に分泌量が変化していくんです。

女らしくあるためには、30歳を過ぎてからエストロゲンを増やすためにプエラリアサプリメントを取ったり、生活習慣を改善して女性ホルモンの分泌を促す必要があるわけですね!

ここでは量を数値で表さずに、今度は男性バージョンを見てみましょう。(後で比較します)

>>女性らしさを手に入れるにはプエラリアサプリメント!!

男性の体内で分泌されるエストロゲンについて

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-OOK89_anatanono120131223-thumb-1000xauto-16505

一方、男性の体内で分泌されるエストロゲンは非常に少なくなっています。

それはエストロゲンが分泌されるのは、女性と違って「副腎」からだけなのが原因です。(卵巣はありませんからね!)

ちなみに副腎っていうのは、腎臓と肝臓の近くにある小さな物になり、体の恒常性を保つために重要な複数のホルモン物質を分泌しています。

 

ただし、エストロゲンというのは、実は男性ホルモンである「テストステロン」からも生成されるので、男性ホルモンからも作ることが出来ます。

男性ホルモンの一部から女性ホルモンが作られるわけですね。

ただし勘違いしてはいけないのが、沢山作られるわけではありませんし、エストロゲンとプロゲステロンなどのように、バランスが重要になります。

男性ホルモンを取ればとるほど、女性ホルモンが出来るんだったら、男であればあるほど女になれる。みたいな意味が分からないことになりますからね(笑)

>>女性らしさを手に入れるにはプエラリアサプリメント!!

男性の体内で作られるエストロゲンと、女性の体内で作られるエストロゲンの量の比較

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-OOK58_niconicokyoushi-thumb-1000xauto-15630

年代別に比較していきますが、詳細な数値を公開している医学書を見たわけではないので、ざっくりです。

年代 女性 男性
10歳未満 10 10~20
初経~17歳(思春期後半) 100 10~30
17歳~30歳(成熟期) 150 15~45
35歳(成熟期後半) 100 10~30
40歳~50歳(更年期) 50 10~30
50歳以上(円熟期) 10 10~20

このようになっています。

つまり女性と男性を比べると、10歳以下や50歳以上の時には大きな差はありませんが、女性らしさが極端に強くなる思春期から成熟期後半までは、圧倒的に分泌量に差がでます。

 

ただ面白いのが、10歳未満と50歳以上では、男性のほうが女性ホルモンの分泌量が多くなることです。

理由については、男性ホルモンの1種であるテストステロンからエストロゲンを生成できるので、男性ホルモンの分泌から作られる分だけ、女性よりも女性ホルモン量が多くなるからです。

女性は閉経してしまうと男性よりも女性ホルモンの分泌が少ないので、更年期障害が強く出たり、認知症が出やすくなっているのです。

 

また男性でも、女性ホルモンは分泌されないわけではありませんし、男性ホルモンの増加に伴って、女性ホルモンの分泌量が増えます。

なので上記に加えて、プエラリアサプリメントなどで女性ホルモンを体内に増やしてあげることで、意図的に女性らしさを手に入れることは可能になるわけです。

>>女性らしさを手に入れるにはプエラリアサプリメント!!

プエラリアサプリメントの実力ランキング

1位!ベルタプエラリア

私が初めて飲んで効果があったプエラリアサプリメントです。
色々な所で効果があったよーって書いてあったので、そのまま信用して飲んでみました。
他のプエラリアサプリメントよりも利用しやすくて手頃だったのが購入の決め手です。
個人的に、プエラリアサプリは「継続して飲めるか」が大事だと思うので、ベルタプエラリアは続けやすい価格&コスパの良さが最大の魅力かなと思います。
■お試し1個価格が9,980円(1ヵ月分のプエラリア摂取量は12,000mgです)
■定期便パックが6,980円(3ヵ月間は継続で解約できませんが、53%OFFで安いです)
■送料無料でベルタアップジェルが公式サイト限定で貰えます。

2位!ハイスピードプエラリア100

このプエラリアは1ヵ月間の全額返金保証があるのが嬉しいです。
1位のベルタプエラリアは安いんですけど、やっぱり効果が感じられなくても返金しては貰えないので、心配な方はこちらのほうが試しやすいです。
1日あたりのプエラリア摂取量は700mgと多くなっているので、効果が早く感じられるように作られてます。
■1日3粒1ヵ月90粒で12,800円です。
■1ヵ月間のプエラリア摂取量は21,000mgなので効果が早く出ます。

3位!レディーズプエラリア99%

2000年からずっとプエラリアサプリメントを作り続けている老舗の商品です。
とりあえず高い・・・。1箱に入っているのが60粒で、1日1粒か2粒飲むんですけど、私は勿体ないので1粒ずつ飲んでいました。1ヵ月間で飲みほすとか、どう考えても一般人には無理です。お金ないよー!(笑)。
■1日1粒か2粒 1箱60粒入ってて21,600円です。
■1日2粒で1ヵ月のプエラリア摂取量は20,000mgです。